人と人とのつながり

メニュー 閉じる

2ページ/2ページ

看護師の姉からの助言!いい医師に巡り合うには努力が必要?!

皆さんは、鼻づまりや鼻水で困っていませんか?
私は小学校の時、風邪を引いて点鼻薬を使いました。これが悪夢の始まりで、実は10年以上経った今でも使っています。今ではこれがないとどうしても鼻が詰まってしまい、見事に副作用が出たという感じです・・・。

これを今年はどうにかしようと、レーザー手術をしようと思いました。手術が今月できるという耳鼻科を4件目で見つけ、そこで話を聞きました。すると、レーザー手術はアレルギー性鼻炎でないと効果がないと言われました。すぐに採血してもらい、1週間以上経ってから結果を聞きに行きました。すると、前の耳鼻科ではアレルギー性鼻炎だと言い張られたのに、キレイに何のアレルギーもなかったのです!これで手術をしても意味がなくなったので、喜んでいいやら悲しんでいいやらわからない状態でした(笑)

でも!前の耳鼻科では私が点鼻薬の使い過ぎによる鼻詰まりだと言ったのに違う診断をしたことははっきりしました。結果としては、今使っている点鼻薬を少しずつ減らしていく努力をしていくしかないと言われたので、家から近いその誤診をした耳鼻科ではこれからも薬をもらいに行きます。その時、私はアレルギー性鼻炎ではなかったことをもらった紙を証拠に医師に見せたいと思います。なんという反応をするでしょうか。

ここで思ったのは、何等かの症状があるなら、医者をいくつか変えるのも良いということです。ちなみに私は前の前の耳鼻科では蓄膿だと言われました。名古屋で看護師をしている姉からセカンドオピニオンの大切さを教わり、良い医師に巡り合うためには地道な努力が必要で、それには運もいると知りました。だって、医師の言うことなんて信じちゃいますもんね。こういう病名だと言われれば、そうなんだと思います。

姉は派遣看護師なんですが、こちらのサイトを参考に条件のよい職場を探したそうです。⇒名古屋で派遣看護師として働く私のアドバイス※求人の探し方コツ
看護師からみても医者の良し悪しは色々あるとのことなので、体調不良の時にあちこち病院をめぐるのは大変ですが、いい医者に巡り合うには患者側も努力ぢないとダメなんですね。

今までに私が通った耳鼻科は4つ。期間は10年間。4つ目でやっと正しい判断をしてもらえたので、今何かで苦しんでいる方は病院巡りをしてみると良いと思います。とても疲れますが、病状が改善しないならこの方法も一つなのではないでしょうか。

親友や友達や親しい人との出会い

去年はとてもいい一年でした。

去年のスタートはあまりよくなくて、入院生活を元旦に迎えました。
最初は今年もロクなことがないなと思いつつ、寂しいスタートでした。
しかし、入院してから、人を知り、親しい人とも出会ったり、退院して、友達関係が上手くいったりしてとてもいい一年になるような気がしました。

退院して友達ができた人もいるけれど、友達関係が崩れたときもあったりして、いろんな出会いがあった一年でした。
今まで何故友達と上手くいかなかったのか、何故友達というものに出会わなかったのか理由も分かってきました。
友達が考えていることや、親しい人が考えていることがだんだん分かるようになりました。
それが分かるようになったら、こういう人は大切にしなきゃいけないなというのが分かりました。
特に親しい人とはより仲良くなっていきました。

でも、他の出来事ですごく悲しいことがあったり、最初は言ってはいけない一言も言ったりして困ったときもありました。
その頃はそれが相手にどんな思いをするのか分からずに、ひねくれていました。
でも今はなんとなく分かってきて、自分はひねくれているから正直にはなるのではなくて、相手にどう伝えるか、共有している思い、こういうものも大事だということが分かりました。

今年は去年と同じ失敗がないように心がけたいし、いつも行って通っている場所もなくなるので、新たな憩いができる場所も見つけていくような感じで進めたいと思いました。
こんなわたしははもう30歳ですが、成長はもう終わりなのではなく、いつもスタートにあり、始まっているものだと思いました。

何かがなくなるからもうないのではなくて、何かがなくてもまた何かが新しいものが産まれたりするものだと思いました。
ゲームでも同じように古いゲームがあまり売れなくなっても新しいゲームが産まれたり、正解というものは一つでも、考えということ次第で正解がいくつも産まれるものだと最近分かってきました。

© 2019 人と人とのつながり. All rights reserved.

テーマの著者 Anders Norén.